卵殻膜はアトピー対策としても使える3つのワケ※成分構成からわかること

卵殻膜

 

卵殻膜には修復効果がありますが、アトピーの人にも有効なのでしょうか?

 

結論を先に述べると、アトピー性皮膚炎の人にも卵殻膜はしっかりと効果が期待できます

 

なぜ卵殻膜はアトピー性皮膚炎に有効か 理由@

 

卵殻膜に含まれるヒアルロン酸には高い保湿効果があります。

 

アトピー性皮膚炎の人は肌荒れで悩んでいる人が多いと言えます。

 

ヒアルロン酸の保湿効果により、乾燥した肌に潤いを与えてくれるので、アトピー性皮膚炎に対して有効と言えます。

 

なぜ卵殻膜がアトピー性皮膚炎に有効か 理由A

 

卵殻膜には多くの栄養素が含まれています。

 

そしてその栄養素は、人間の肌を作る働きがあります。

 

人の肌は様々な原因によりダメージを受けたり、ボロボロになると垢として剥がれ落ちます。

 

そして新たに肌が作られるというメカニズムになっています。

 

肌を構成する栄養素として多くの人に知られているのがタンパク質ですが、タンパク質でも特に重要なのがアミノ酸です。

 

そんなアミノ酸が卵殻膜には18種類も含まれています。

 

中でもシスチンと呼ばれるアミノ酸は肌を構成する作用だけではなく、抗酸化作用、解毒作用も期待できるため、アトピー性皮膚炎の人にも十分な効果があると言えます。

 

なぜ卵殻膜がアトピー性皮膚炎に有効か 理由B

 

卵殻膜は3型コラーゲンを補ってくれます。

 

美肌効果で知られるコラーゲンの中でも、赤ん坊の肌に多く含まれている3型コラーゲンは、潤いがある若々しい肌を目指すことができる成分です。

 

肌のハリ、ツヤを取り戻す効果があり、3型コラーゲンを補給することで、アトピー性皮膚炎の人でも効果を実感することができます。

 

卵殻膜の副作用の有無は

 

結論から述べると、卵殻膜を使用したことで副作用が起きる可能性はかなり低いと言えます。

 

卵殻膜が卵の成分という事を考慮すると…。

 

卵殻膜の主成分は18種類のアミノ酸、コラーゲン、ヒアルロン酸といった肌に優しく副作用のリスクが少ない成分です。

 

卵殻膜化粧品を使う時に、よほど沢山肌に塗って放置しない限り、副作用の恐れはありません。

 

サプリメントも過剰摂取しなければ、基本的に副作用はほとんど起こりません。

 

卵殻膜製品を使う時にも用法用量を厳守することが大切で、そうすれば副作用の不安、心配はまず不要です。

 

卵殻膜はアトピーにも効果が期待できます

 

卵殻膜はアトピー性皮膚炎の人にも効果があり、副作用、アレルギー症状が起こるリスクは非常に低いことが分かりました。

 

次のページでは、押さえておきたい卵殻膜化粧品の落とし穴についてまとめていますので、よかったら読んでみてくださいね。

 

 

.

ページの先頭へ戻る